皆の力でフィットネスを文化に

アメリカに住んでいたからわかる、本場のフィットネス情報

【度肝を抜く巨体を持つ男 Craig Golias クレイグ・ゴリアス】

 

 

 

皆さんこんにちは!イワケンです!

 

皆さんのトレーニングの目的や目標は何ですか?

ボディメイク、パワーリフティング、運動機能、健康、美容など一人一人目的や目標は違うと思います。

 

ボディメイクの中でも、ボディビルやフィジークなど他にも様々なジャンルがあるように一概にフィットネスと言ってもその中の何を指すのか、理解、説明するのが難しい時があります。

 

今は亡きリッチピアーナというフィットネス界に大きな影響を与えた男がいますが、彼はデカさを求める1人でした。彼はフィットネスの大会などで開催されるエキスポに居る人間の中で1番の太い腕を持つ男でいることを目指していたといいます。
リッチが社長の5%nutritionという会社のチームには、規格外のデカさの男が多くいます。

 

f:id:lifebuilding:20180805022623j:image

(左がリッチピアーナ)

命を懸けてデカさを求める男。めちゃくちゃカッコいいですね。

 

今回はそんなデカさを求める男の中でも

度肝を抜く巨体を持つ男 Craig Golias】

という人物についてお話していきます。

 

 

デカさを求める。度肝を抜くそのデカさは人間の領域を越えているレベルです。

誰でもがなれる訳ではなく、限られた者にだけの才能を感じます。

 

 

 

プロフィール

f:id:lifebuilding:20180805023725j:image

名前: Craig Golias

国籍: アメリ

年齢: 35歳

身長: 190.5cm

体重: 140kg以上

トレーニング歴: 15年

 

 

元々は細身の体型であり、20歳の頃からトレーニングを始めました。

トレーニングを始めたきっかけは、雑誌で見たボディビルダーの影響で、自分もデカくなりたいと思ったそうです。

それからはハードなトレーニングと同時に食事を一日に何度も摂りました。

休息日をめったに取らずに、ハードにトレーニングを行ってきました。

それ以来は、ボディビルダーとして様々な大会で結果を残してきました。

 

 

 

トレーニングルーティン

 現在彼は週6回のトレーニングを行い、有酸素はしません。

短期間の減量期間を設け、その時は毎日1時間有酸素をします。

Instagramのライブで言っていましたが、彼は簡単に絞ることができるらしいです。(笑)

 

月曜 – 胸・ハムストリングス
火曜 – 腕
水曜 – 背中
木曜 – ふくらはぎ
金曜 – 肩
土曜 – 大腿四頭(モモ前)
日曜 – 休み

 

 

 

食事メニュー

彼の食事は高タンパク質で構成されています。筋肉を成長させるためにウェイトゲイナーを沢山飲んでいます。

ウェイトゲイナーの他には、牛肉、鶏肉、白米、卵白、野菜が多いです。

中沢乳業 ヴィエンヌ(殺菌冷凍卵白・1kg) ×2セット

 

減量期になると、炭水化物を減らし、たんぱく質と緑野菜を増やします。

減量と言っても脂肪を減らすと同時に筋肉も落ちてしまうので、大きな減量はしないと言っています。(20㎏ぐらいです...(笑))

 

 

 

 

Craig Golias から学ぶこと

 

彼は68㎏から140㎏までの倍以上の増量を、トレーニングと食事をハードに行ってきました。

こんなにも体重は増やせるのかよ!と思うかもしれません。しかし、彼のベースにあるのは常に欲望です。

 

“信じていれば成し遂げられないものはない。ゴールを設定しそれに向かっていくのみ”

 

こんなことを言っています。

彼がトレーニングを始めたきっかけ、その時の初心を忘れずに、ただ黙々と努力をしてきた結果ですね。

 

“デカくなりすぎて、動きが少し鈍くなってきたけどそれは自分の夢やゴールに近づいている証拠だ”

 

範馬刃牙に出てくるキャラクターが言いそうなセリフ。僕も言ってみたい。

 

彼に影響を与えた人は、先に紹介したリッチピアーナです。

リッチが彼のモチベーションを上げ、彼のゴールを作ったのです。

 

“限界まで行け!お前なら350lb(160㎏ほど)までいける!

 

f:id:lifebuilding:20180809153836j:image

 

まだまだ先を行く男。からだに気を付けてほしいですが、健康体らしく心配無用とのことです。

 

是非彼のInstagramをチェックしてみてください!


 

 

本日もお読み頂きありがとうございます!

また次回お会いしましょう!

 

それでは!